代表者紹介

弊社代表取締役の遠藤秀一の略歴を紹介させていただきます。

氏  名:遠藤 秀一 (一級建築士 第249384号)
生年月日:1966年4月12日

【 略 歴 】

1966/04/12 福島県いわき市に生まれる
1985/04/01 大阪芸術大学芸術学部建築学科入学
1988/04/01 atelier QUARTER SEPTEMBER 開設
1989/03/31 同大学卒業
1989/04/01 建設会社設計本部入社

【設計競技等の実績】

・長谷工第一回デザインコンペ 2等入賞
・長谷工第二回デザインコンペ 3等入賞
separate CITY 発表

1997/03/31 建設会社を退職
1997/12/01 未分離デザイン研究所代表取締役に就任
2007/10/10 ニューズウイーク、世界が尊敬する100人の日本人に選出。
2010/07/20 ツバル国首相より「環境親善大使」に任命。

2017年現在、未分離デザイン研究所 代表取締役として十数社のホームページのデザイン・企画運営をはじめ様々なデザイン活動を手がける。

1997年より精力的に活動を行ってきた、ツバル国、キリバス共和国における温暖化による海面上昇に被害を訴求するプロジェクトも注目されている。TBS「夢の扉」やNHK BSドキュメンタリーなどで活動が紹介されている。また、2007年から開始したツバル国民1万人を対象としフォトグラフィングプロジェクト「ツバルに生きる一万人の人類」は海外からも注目されている。

NPO TUVALU OVERVIEW

海面上昇に対して最も抵抗力がないとされる、島国ツバルを総合的に紹介しています。2005年4月より現地でのNGO登録が完了。2006年にはNPO法人としての活動を開始しました。エコツアーの開催、日本の民間資金からの援助プログラムのコーディネートと現地運用を行うことを目的にしています。

2010年からは鹿児島の財部町で、気候変動を止めるための低炭素社会における暮らし方を体験できる「山のツバル」の運営も手がけています。

Merry Christmas from Christmas island

キリバス共和奥クリスマス島という南の島から、地球温暖化による海面上昇の被害を訴える事を目的に毎年クリスマスカードを発行しています。現在はロケットミュージック・エコプロデュース部がボランティアでの活動を継続してくださっています。